ミュージックビデオ活動

YouTubeへのカバー曲アップ<音源使用の手続きを実例で紹介>

日本音楽著作権協会「JASRAC」が管理する曲のカバー演奏を、許可申請の手続きなくYouTubeにアップできることは多くの方に知られていると思います。
しかしカバー演奏の音源使用に関する、著作隣接権については把握していますでしょうか?

おんどころたか
おんどころたか
「隣接」って入るだけで違う権利のことなんです。著作権使用許可についてはJASRAC「YouTube等の動画投稿サービスでの音楽利用について」のページでご確認ください。


許可無く音源使用した演奏動画をアップした場合、権利侵害となるケースもあります。

この記事を読むことで、著作権と著作隣接権の違いについて具体例に基づいて理解でき、カバー曲演奏を安心して自信を持ってアップすることができます。

著作権はOKだけど著作隣接権は?

権、権、権、権言ってると「ウーン」ってなってきますよね。
でも大丈夫、簡単簡潔に認識するだけでOKです。

著作権は「創作した人」の権利

「創作した人」というのは「作詞」「作曲」「編曲」をした人のことです。

著作隣接権は「伝える人」の権利

「伝える人」というのはCDや配信される音源(耳で聴く音楽そのもの)の中で演奏している人たちや、レコード製作者など権利を持っている人、または団体のことです。

カバー演奏を収録する際、

  • 出演者の楽器の音と
  • 出演者の歌だけで

それが構成されているなら使用許可はいりません。
でも市販の音源をカラオケに、歌を収録して配信する場合などは使用許可が必要となります。

音源使用の手続きを実例で紹介


このコンテンツは僕の運営するライブ型ミュージックビデオチャンネル「LIVE NA YAMAGOYA」でアップされているものです。

出演は「Flute duo ほの*ほの」
1曲目が「ミッキーマウス・マーチ」作詞・作曲共に Jimmie Dodd さん。
2曲目が「花は咲く」作詞が岩井 俊二さん、作曲が 菅野よう子さんです。

ここでの「創作した人」Jimmie Dodd さん、岩井 俊二さん、菅野よう子さんへの使用許可は、YouTubeとJASRACの間の利用許諾契約により不要です。

しかし今回は2曲共、「Flute duo ほの*ほの」さんが購入した楽譜に付録としてついていた、CDピアノ音源をバックに演奏されました。そのため「伝える人」である演奏ピアニストや、CD製作者の権利を一任されている団体から使用許可を得る必要がありました。

楽譜を確認すると販売元は「株式会社ヤマハミュージックメディア」とあります。

この会社は2017年にに吸収合併されて解散していました。
しかし今は便利な世の中。Googleで「ヤマハミュージックメディア」と検索すると、2021年現在の管理会社が「ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス」であることがすぐ分かります。

それではここから実際の確認手順についてご紹介します。
最初はお問い合わせフォームから。
2回目以降はメールで直接やりとりさせていただきました。

なお、ここでは「ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス」を「ヤマハ」と表します。

確認の流れ
おんどころたか
おんどころたか
楽譜に付属のCD音源を使って演奏し、それを撮影公開したいのですが何か手続き等必要でしょうか?

ヤマハ
ヤマハ
1点確認させていただきます。編曲(アレンジ)はございますか?

おんどころたか
おんどころたか
アレンジはなく譜面通りCD音源にあわせて演奏されます。

ヤマハ
ヤマハ
以下のすべての条件を満たす場合において、ご申請いただきました楽譜・付属CDのYouTubeでの使用を許諾いたします。
  1. 楽曲の著作権について、権利者より使用許諾が取れていること→YouTubeとJASRACの間の利用許諾契約により不要です。
  2. 譜面どおりの演奏であること→編曲して演奏する場合は確認が必要になります。今回は編曲がないので許可申請の必要はありません。
  3. 動画投稿の際、出典の情報(商品名・出版社名・伴奏CDの情報など)を明示すること→各曲の冒頭で明示しました。詳しくはコンテンツをご覧ください。

この流れで使用許可についてクリアになり。安心安全の状態でコンテンツをアップすることができました。

尚、JASRACのページ「動画投稿(共有)サービスでの音楽利用」をご覧いただくと、「はい」「いいえ」形式で制作するコンテンツに必要な使用許可等を確認することができます。

アーティストが音源使用を推進するケース

2021年のフジロックフェスティバルにも出演したバンドtricot(トリコ)は「いない」という曲のインスト音源を1ヶ月限定で公開、配布しました。インスト音源とは歌のない音源、つまりカラオケのことです。

企画の発端はヴォーカル中嶋イッキュウさんの興味によるもの。
配布の目的は「カバー・歌ってみた」動画の推進、ならびに楽曲のPRということになるでしょう。

音源プレゼントだけでも画期的ですが、加えてその動画をSNSにアップし応募した人全員にステッカープレゼント。サービス精神が神がかっています。
僕も迷わず応募しました。

  • ファンは話題性があって嬉しい
  • チャレンジした人は参加できて嬉しい
  • tricotは楽曲が広まって嬉しい

Win-Win-Win、三方よしの企画です。
僕自身、久しぶりにスリリングな曲の歌唱が達成できてご満悦でした。
しかもSNSの投稿にオフィシャルアカウントとイッキュウさんからのいいねをいただいて、これでもかというくらい幸せ気分を味わいました。

音楽業界がより活性化されるために

著作権、著作隣接権は「創作する人」「伝える人」にとっての資産を生む権利です。
この権利を大切にすることは、自分が好きな著作者やアーティストの活動を応援することに繋がります。

YouTubeとJASRACの間の利用許諾契約ができたことによって、カバー演奏のコンテンツが多く生まれ、音楽業界は活性化されたことでしょう。

著作隣接権関連、つまりカラオケ音源等の使用についても、動画投稿(共有)サービス側と管理団体の間で利用許諾契約ができたとしたら、これまで以上にカバー演奏のアップロード数が増えるのではないでしょうか。
全国民総発信者時代においては「自由に使えることが活性化につながり、併せて音楽コンテンツの売上向上に繋がる」と考えられます。

「創作する人」「伝える人」の権利と活動が守られ、かつ「使う人」にとっても自由度と価値の高まるような仕組みが2021年現在、じょじょに広まりつつあります。
その仕組みの名前は、音楽NFT。
これからさらに「創作する人」「伝える人」を目指す人口が増え、音楽業界の魅力が高まり、さらに世界は面白くなっていく予感がしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA